生地づくり〜焼成

2017年3月14日

挽いた粉を使い、いよいよパンを作っていきます!

こむぎラボ特製全粒粉と水を捏ね、
次にパン酵母と赤穂塩を加えてさらに捏ねます。

パンを捏ねる全粒粉と水、パン酵母を捏ねます。職人の手技が試される作業です。


成型一定時間、生地を寝かせて発酵させたのち形を整えてから型に入れます。


全粒粉パン

プロのパン屋として当然のことですが「理想的なパン」を作るためにそれぞれの工程時間はその日の気温・湿度、状態により厳しく管理しています。

小麦畑の土作りから始まり、ひとつのパンになるまでの期間は実に1年。
こむぎラボのパンはこうして出来上がります。

COPYRIGHT ©こむぎラボ ALL RIGHTS RESERVED.
トップに戻る